スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
修学旅行 2
 翌日は、奈良、明日香を見学し、吉野へ。東大寺(=奈良公園)、唐招提寺、薬師寺を巡る。薬師寺は前年から始まった金堂の改修作業中で、有名な薬師如来、脇侍にある日光菩薩(にっこうぼさつ)と月光菩薩(がっこうぼさつ)の3体は別棟に納められていた。 吉野は、神話期、壬申の乱、南北朝時代の著名な舞台ともなっている山深いところ。宿泊先は著名なところだったらしいが、歴史にも造形美にも深い知識のない高校生にはさしたる感慨もなく、一夜を過ごす。
 ('71〜'75金堂再建、'81西塔再建、中尊は薬師如来、脇侍に日光菩薩(にっこうぼさつ)と月光菩薩(がっこうぼさつ))
 
 第4日目、吉野から宇治平等院鳳凰堂を経て、比叡山延暦寺−山ばかりいってる感じもする−大津泊。宿泊先は、比叡山の麓で、琵琶湖が眺められるロケーションの宿であったが、「雄琴の灯りだ!」と興奮気味に指さすクラスメートの声に、発言の意味も分からずぼんやりと繁華街らしき灯りを眺めている私がいた。

 第5日目、彦根城を見学後、米原から新幹線で東京に。新幹線から富士の霊峰を眺められるのではないかと期待していたが、さっぱり見えない。周りに聞くと、さっきから見えてるとのこと。海側に座っていたせいもあったが、窓から天空を見上げるようにしないと富士の姿が現れなかった。想像を超える大きさに驚嘆する。夕刻、東京駅着。山手線で上野着。寝台列車に乗り込んで、帰路につく。行き客車寝台であったが、帰路は電車寝台。大きな違いは、通路が横にあるか中央にあるかだ。行きの時は混在していたが、帰りの時は不文律も出来上がり、自分の場所は決まっていたものの、夜更かし組と就寝組で車両が自然と分かれた。夜更かしをする者がたむろする車両は蒸し暑さが充満しているが、早々に眠りにつく者たちの車両は、冷え冷えとし、静まりかえった車内にはレールの規則的なリズムだけが響いていた。
 第6日目の朝を迎えて、連絡船で帰道。津軽海峡は荒れていた。
| 臥牛蝦夷日記 | 21:25 | comments(8) | trackbacks(0) |
修学旅行 1
臥牛蝦夷日記のベースとなるのは、高校の修学旅行である。で、ここで、高校時代を振り返ってみたい。

 高校の修学旅行は、1年から2年になる春休みだった。一般的な修学旅行のシーズンとは異なる時期であったが、どこに行っても、制服姿の団体行動の一団に出会った。女子校の一団と出会った時には、何故か、どこの学校の何年生かという情報が駆けめぐる。さすがに1年を終えたばかりの集団は私たちだけで、いかに可愛らしげな感じでも所詮はお姉様。この時期、1歳年上となると、人生の大先輩なわけで、お近づきになるような機会を持とうという気分にもならなかった。

 出かけた先は、京都、奈良、吉野。。。
 時期も変わっているが、京都、奈良は定番として、吉野まで足を伸ばすということは北海道の高校にしては珍しいものであった。
 1976年4月1日、8クラス総勢380人の旅となる。列車の座席の確保などが無理だったのだろう、2班に分かれての出発となった。札幌−函館を列車で4時間、青函連絡船が4時間、青森発の寝台列車に乗り込んで翌朝、京都着。正確には覚えてないが、20時間くらいの行程だったと思う。お決まりだが、寝台列車では一睡もしなかった。
 京都では、銀閣寺、清水寺、二条城、嵯峨野巡り・・・たぶんこのほかにもどこかに行った。観光貸切バス(国際興業だったと思う。)での点と点の移動だったから、全体像としての京都を知ることはなかった。寺ばかりの街のイメージが残っている。町屋や、四条河原町の大都会らしいビル群の存在を知ることになるのは'76旅を待つことになる。
 印象に残っているのは銀閣寺での庭の手入れ、特に筋目の入った白砂や月見台の造形に感じ入る。
 夜は、しばしの時間、お土産探索。寄宿後、同室の連中が持ち込んだウィスキーの小瓶をキャップに一人一杯で、回し飲み。昨夜は一睡もしていないので、枕投げの元気もなく、爆睡。
| 臥牛蝦夷日記 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
プロローグ 2
 「どこかに出かけてみたいね」。その言葉は、他愛のない不満の代替用語でしかなかったが、二人の想いが一つの言葉で確認できたとき、希望に転換され、現実へと昇華した。
 冒険心や探求心に駆られた旅ではないので、旅先はどこでも良かった。だが、単調な毎日から逃げ出すこともなく、落第の恐怖に自主休講すら出来ないような品行方正な学生そのものの私たちには、見たことも行ったこともない場所にでかけようなどという無謀を冒すこともできなかった。結局、高校時代の修学旅行で訪れた地を再訪することに決まった。何のことはない、二人にとってこれまでの人生で唯一の旅行らしい旅行であったからだ。
 あの時、私たちは、日常からの逃避と未知への挑戦気分であった。修学旅行中特に感傷に浸るような出来事が発生したわけでもなかったが、「これは、センチメンタル・ジャーニーだ。」などと、訳のわからないことを口走ったりもした。松本伊代が微笑んだ。
| 臥牛蝦夷日記 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
プロローグ 1
 「どこかに出かけてみたいね」
 どちらかともなく切り出したこの一言で、私たちの旅は始まった。
 講義のなかった日の昼さがり。この部屋の主がカリカリとコーヒーミルを回している。香ばしい香りが狭い4畳半の部屋に満ちあふれた。コンポからブルーノートが流れ、壁では彼のお気に入りのオードリー・ヘップバーンが微笑んでいた。
 彼とは、高校2年でクラスになってからのつきあいである。穏和な彼は、私の毒舌にも苦笑いで受け流すような性格だった。高校時代を過ごした街にある志望校に嫌われ、地方都市の単科大学に合格して、晴れて大学生になったとき、不幸にも彼は私と同じ道を歩んだ。お互いに講義のない時間には、喫茶店でマイルス・デービスを聴きながら漫画を読むか、私の下宿より大学の近くにある彼の部屋で時間つぶしをするのが常であった。
 高校時代には、大学生にさえなれば、束縛されない自由な時間が過ごせるものだと思いこんでた。実際、大学生となってみると、朝の8時半から夕方の5時まで講義が詰まっていて、受験勉強の頃と何ら変わらない束縛があった。むしろ、高校なら3時過ぎには授業が終わっていたので、束縛される時間は長くなった。大学生といえども、本分は勉学に勤しむべき存在なので、当たり前の生活といえばそれまでだが、一度描いた夢を「夢だったのだ。」の思い直すことも難しく、ある種の失意を感じた。
 地方都市の単科大学という環境もたぶんに影響していた。工業都市のせいもあるのだろうが、高校時代を過ごした札幌より娯楽、商業施設が少なく、刺激がなかった。都会の大学に通う学生すべてが満ち足りた学生生活を送っているとも思えないが、少なくても私たちはかなり単調で漫然とした学生生活に飽きていて、変化が欲しかった。
| 臥牛蝦夷日記 | 06:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
『旅』と『旅行』 その2
『旅』と『旅行』の違いについて、私の思いを書いてみたいと思っている。

前回は、言葉の違いを調べてみた。
さて、ここからは、私の勝手な思いこみを書きつづることになるのだけれど。、家を離れて他の土地へ行くこと』だけなら、通勤も出張も、「旅」や「旅行」なのだろうが、単なる空間移動は、これらの範疇に含まれないだろう。以前にも書いたように、非日常との出会いが「旅」や「旅行」の最低条件かと思う。
問題はここからなのだが、とりあえず、思いつくままに「旅」と「旅行」の違いを区分できるかもしれない私のイメージを列記してみよう。
 嵶后廚蓮⇔更垈饉劼離僖奪旅行ではいけない。時間に追われることなく、自由気ままなものである。
◆嵶更圈廚蓮冠が付く。修学旅行、新婚旅行、観光旅行
「旅」は訓読み、「旅行」は音読み

さて、だからどうなのさという感じだが、それでもやっぱり、私の心の中では「旅」と「旅行」は違うものである。
上手く伝わるか怪しいのだけど、
「旅」とは、単なる移動した結果ではなく、精神的に喜びを与えてくれるもの=大いなる満足感を与え、さらに己の生き方に何かしらの影響を与えるものではないだろうか。
よその土地を訪ねるきっかけは何でも良いかと思う。仕事で出かけた出張先でも良い。業務が終わって一息ついた時、ふと見回した周りの景色に心が満足すれば、その瞬間、旅をしていると思う。もちろん、その時は、「旅」をしている実感など無くても良い。記憶の中で、その時のイメージが鮮やかに蘇り、その時の経験がいつかどこかで自分の糧になっていると感じることが出来れば、それは「旅」だったのだと感じることが出来るのだ。

その意味で、この日記は、「旅」の記録でもある。
出かけたときは、もちろん『旅』をしようという高邁な意識があったわけではない。しかし、今の自分を見つめ直してみると、このときの経験に裏打ちされた人生があるのも間違いのない事実である。このへんのことは、いずれ書く機会もあるだろう。

なにはともあれ、「旅」には思い入れがあるのだ(^o^)。
| 臥牛蝦夷日記 | 06:52 | comments(1) | trackbacks(0) |
2 『旅』と『旅行』
旅は異次元への移動であるということは以前にも書いた。
『旅』への誘い〈いざない〉−異次元への旅   

「旅」と同義の言葉に、『旅行』がある。
あらためて考えると、どう違うのか、よく分からなくなったので、とりあえず、辞書で調べてみる。
以下は、Yahoo辞書検索の結果
【旅】
1 住んでいる所を離れて、よその土地を訪ねること。旅行。「かわいい子には―をさせよ」 「日々―にして―を栖(すみか)とす」〈奥の細道〉
2 自宅を離れて臨時に他所にいること。 
【旅行】 家を離れて他の土地へ行くこと。旅をすること。たび。

どうも、よく分からない。。。(>_<)。
あえて違いを探すと、『旅行』が行為自体を、つまり動作を表現するものであるのに対し、『旅』が行為の結果としての全体を包含しているのではないかと思えることぐらいかな・・・。解説に、「旅」することを「旅行」としているが、「旅行すること」を「旅」としていないことから、「旅」の方が意味が深いのではと思える。

ついでなので、英語では、
travel 【動】旅する、旅行する 【名】旅行
journey 同上(通常、陸上の旅行)
voyage  航海(通常、長い航海を指す)、空の旅
tour 周遊、観光旅行、散歩
trip 旅行(特に短い)


少し、区分がはっきりしてるが、特に「旅」と「旅行」を区分するような感じはない。


長くなりそうなので、以下次回に
| 臥牛蝦夷日記 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
臥牛蝦夷日記・プロローグ
旅に出かけるきっかけは何だったのか、今となってはその理由を思い出せもしないが、おそらく、S君のアパート(といっても、4畳半一間の部屋)で、ミルをカリカリ言わせながら、狭い部屋にあふれる珈琲の潤沢な大人の香に楽しみながら、ダラダラとした時間を過ごしていたときに、
「どっか旅行でもしてみたいねぇ〜。」
「行こうか!!!」
「よし、行こう!!!」
みたいな会話が成立したのだと思う。

S君は、'76、'77と2回の旅を一緒に出かけた高校時代からの友人で、当時二人とも親元を離れ、同じ大学に通っていた。S君のアパートはやや脇にそれるが、私の下宿から大学に向かう道の途中にあり、週に何度も彼の部屋を訪ねていた。

まず、私たちがしたことは、もちろん、どこに行くかを決めることであったが、それは、何事にも頓着しないS君の発案で、私がプランを作ることになった。テーマは、修学旅行再訪の旅。旅行費用の捻出に半年ほど掛け、1月前からは往復はがきでユースホステルの手配(=これも私の仕事だった。)と準備を進め、最後には、ナップサックの注文。
長期旅行で、しかも歩く旅を計画していたので、ジェームス・ディーンが持っていたようなナップサックなら、肩に担げるし少しは楽かなと思い探してたところ、街のジーンズショップで、やや小振りながらお目当てのデニム生地のナップサックが置いてあった。店の人に聞くと、オーダーでどんな大きさでもOKとのことだったので、早速オリジナルで2人分作ってもらうことにした。
できあがった品は、担ぐと膝まで届きそうな長さで、旅の友とするにはもてあまし気味になり、結局、荷物はどっかに預けてから目的地巡りをすることになった。普通の旅行かばんでも結果は同じことだったのかも知れないが、普通の手提げの旅行かばんを使うことははなから頭になかった気がする。
しかし、なぜ、あの時、ナップサックであって、リックサックじゃなかったのか思い出せない。おそらく、遠足に持っていった、学校指定のイメージしかなかったんだろう。今みたいに、ファッショナブルな品がなく、もっと高かったせいだったのかもしれないな。
手に提げようが、肩に担ごうが、長旅用の荷物は重かった。あの時は、若さで乗り切ったが、今なら毎日肩こりに悩まされていることだろう。

ともあれ、準備万端整って、'76の旅が始まった。
続きを読む >>
| 臥牛蝦夷日記 | 21:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
高山 5
 国分寺を訪ねる。江戸時代の街並みが残る上三之町や高山祭り=屋台の絢爛豪華さが有名な高山であるが,古くは国府が置かれ,当然,国分寺も国分尼寺も設置されていた。
 国分寺の総本山は東大寺,国分尼寺のは法華寺だということだが,どちらも去年行ってきたな・・・。

 臥牛蝦夷日記の記載リンク 東大寺, 法華寺

 全国に68あったという国分寺が現存しているところはそう多くないようで,寺歴由緒正しいお寺さんなのだが,今回のお目当ては,仏師円空作と伝えられる弁天像。
 円空は力感溢れる一刀彫の仏像を多く残していることで有名であるが,北海道にもその足跡を残している。このところ,父が北海道の円空仏を写真集にして残そうと,友人たちと写真撮影に出かけたりしていた。私が帰省したおりなどは撮影した写真を見せられ,多少父の情熱に感化されたこともあるが,素人目にもなかなか味のあるお姿でちょっと気になったこともある。そんなこんなで,国分寺に立ち寄った。
 =30年後の30年後の今、仏像の記憶がない。写真もない。=
 お寺の側(寺内だったかもしれない)では,「飛騨の一刀彫」といった看板が掲げられ,円空仏像の模造作品(「模造」は言葉として違うかな。作風を継承した彫刻(置物)かな?)や鷹の置物などが売られていた。

国分寺1■ 国分寺・塔
 醫王山 飛騨国分寺 公式HP


国分寺2


【関連リンク】
全国の国分寺について詳しいサイト
トップ  現存状況一覧 

円空  北海道の円空仏  
| 臥牛蝦夷日記 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
高山 4 −故郷の祭り
 上三之町からは北東にあたる櫻山八幡宮の中に屋台会館がある。歩いても、すぐそこといった感じ。
 屋台会館で、高山祭の屋台とご対面。豪華なものだ。。。
 
山車会館にて■屋台会館にて
 ピンぼけ写真なので、こちらで、きれいな写真でご覧ください。


 私の生まれ故郷にも,江戸時代に起源を持ち,山車が町中を練り歩くお祭りがある。
 ここの屋台のように絢爛豪華ではなく,ここの蔵のような立派な土蔵に保管されているわけでもないが,町の人たちが大切に守ってきた山車がある。山車(地元では「ダシ」といわず「ヤマ」と呼ぶ。)は高山や京都のもののように背高のっぽではなく,写真でしか見たことがないが,秩父のものにフォルムは近い。
 祭は,例年,旧盆前の8/9〜11に行われる。
 日中,山車を引くのも,お囃子を奏でるのも小・中学生くらいの子供たちが中心で,それに世話役と呼ばれる大人たちが付きそう。
 夜になると,祭は大人たちのものに代わる。山車を引くのも,お囃子も大人たちの仕事になる。電球に彩られた山車は,夜の深まりとともに急に輝きを増したようになり,「エンヤッ,エンヤッ」の山車を引くかけ声,お囃子の間をつなぐ「ヨーイ,ヨーイ」の合いの手,引き手をコントロールする世話役の笛の音,出発の合図の拍子木の音,13台それぞれが織りなす「祭の音」が普段は静かな町につかの間の喧噪を作り出す。
 子供の頃は,夜の祭の様子をきれいだと感じはしたけれど,大人たちが祭を楽しむ準備に忙しくしていても,好ましく思ったことはなかった。何か怪しげな世界に見えていたのかもしれない。不思議なもので,酒を飲めるようになると,単純に「祭で騒ぐ楽しさ」が共感できるようになった。この頃には,違う町で暮らしていたので,生まれ育った地の文化に対する思い入れみたいなものが生じたせいかもしれない。
 最終日の11日の夜,祭は13台の山車が競うお囃子で,クライマックスを迎える。お囃子もこのころには「奏でる」から「乗る」調子に代わる。太鼓の音はよりリズミカルに,より力強さを競い,横笛の吹き手も太鼓のリズムに合わせる。引き手の若者たちは,酒に酔いしれ,輪を作って,お囃子に合わせ,卑猥めいた歌詞を大声で唄う。祭に参加している者も見物している者も,生の躍動を感じるひとときとなる。
 時を重ねた祭は,その町の文化となる。商業ベースで人集めのために催されるイベントとしての祭ではなく,運営するのも参加するのも手弁当で人が集まるような祭だ。ふるさとへの身びいきもあるだろうが,他所の人たちに教えてあげたくなる祭があることは誇りである。高山をふるさとに持つ人たちも,同じような気持ちでいるんだろうなと,屋台を眺めながら思った。

【関連リンク】(文中のリンクと同じです。)
姥神大神宮祭 
高山祭
| 臥牛蝦夷日記 | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
高山 3
4月6日(水) 晴れ時々曇り

 久田屋→屋台会館→郷土館→"ぶるどっく"→国分寺

 今日は、まず、有名な高山祭の屋台を常時展示している屋台会館から。

 歴史的香りのプンプンする上三之町の通りを一歩抜けると、そこは白川郷なんかと違って「街」の佇まいがある。昨日歩いた上三之町の通りを抜けても櫻山八幡宮には遠回りでなくたどり着けるのだが、あえて、僕らは「街」を歩いた。
 とりわけ高いビルがそびえているわけでもなく、一般的な中小都市の住宅がメインの通りを歩く。多分、交換機が置いてある本局なのだろう、電話局のパラボラアンテナを載せた鉄塔がやけに目に付く。他に高いものは見えない。

 上三之町周辺では,間口に比べてやけに背の高い土蔵を見かける。高山祭の屋台を保管しておくためのものだそうだ。「屋台蔵」と言うのだそうである。上三之町界隈にあると,しっくり落ち着く意匠だが,両隣に今風の民家や事務所を従えていると,白壁の建物でも結構目立つものだ。
 高山祭は,春(4月)と秋(10月)に行われる。春は日枝神社の山王祭,秋は見学に訪れる屋台会館のある「櫻山八幡宮」の八幡祭とそれぞれ別のもので,総称して高山祭というらしい。巡業する山車も違うものなのだそうだ。

山車・保管庫1■ 屋台蔵

山車・保管庫2■ 屋台蔵2
 このような屋台蔵があちこちという感じであります。こちらにyahoo地図のリンクを用意しました。「●」マークに「○○台」と記載のあるのが屋台蔵です。

| 臥牛蝦夷日記 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/13PAGES | >>