CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 城崎まで | main | 城崎にて 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
城崎にて
 この日の宿は、駅近くの「三国屋」さん。
 通された部屋は、玄関を入って、ちょっと暗めの廊下を進み左側の部屋。YHばかりを泊まり歩いてきた身には、過分な広い部屋である。この宿でここだけというバス、トイレ付きの部屋。なんでも、本日、団体さんがお泊まりで、この部屋しか空いてないのだとか。後で分かったことだが、部屋に案内してくれたのは、この宿の女将さん。歓迎のお茶などを入れてもらっている間に書き終えた宿帳をみて、「北海道からですか。」とおっしゃる。「戦争中に、函館に疎開しとりまして、懐かしいですね。」
 同行の3人のうち、一人は、函館在住であった。細かな会話は忘れたが、しばし歓談。
 宿にも風呂はあるが、外湯をどうぞとの案内もあって、夕食前に出かけることとする。6つあるとのことだが、この日は地蔵湯、一の湯と入らせてもらった。全部をまわるのが礼儀かもしれないが、これ以上湯船につかれば、せっかくの温泉が苦行に変わりかねないので、2軒で打ち止めとし、宿に戻る。
 さて、待望の晩飯である。宿泊がYHということもあって、旅行中慎んでいた酒も、一人一合付けてもらうことにした。破格値段での宿泊という意識もあるし、通された部屋がこの宿一番の部屋と言うことだったので、正直、晩飯の献立にはあまり期待していなかったのだが、粗食に慣れ親しんだ身には、豪華絢爛。マツバガニまで登場してもらったのには感激しまくり。
 夕膳のまかないも、女将さんがやってくれました。

 久しぶりの酒が利いたのか、食後、急速に眠くなる。早々に3人そろって就寝。宴会でも終わったのか、同宿の団体客が廊下で大きな声を出しているのを聞きながら、眠りに落ちる。厚手のマットにふかふか気分で気持ちがいい。
 
↓献立
夕:松葉ガニの三杯酢、茶碗蒸し、トロの刺身、クラゲの酢の物、天ぷら、漬物
朝:ワラビとキクラゲづけ、玉子焼き、湯豆腐、漬け物、海苔

【関連リンク】 一の湯、地蔵湯その他の外湯 

四方山話:
 今回の旅日記の文章を綴りながら、HPなどを検索。三国屋さんのもありましたねぇ〜。三国屋の女将さん、ご健在かしらと思いながら、HPを眺めていたら、パソコンに向かう女将さんの姿がありました。【参照先】−ページの一番下
 時間も経ってるから経営母体の交代などもあり得ますが、後ろ姿とはいえ、当時のイメージや年齢が記憶と合致するので、多分、同じ方でしょう。−その節はお世話になりました。m(_ _)m−
| 臥牛蝦夷日記 | 06:21 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:21 | - | - |
コメント
大女将さんと、このような形で再会するとは…
世界中をかけめぐるだけでなく時代もさかのぼっちゃうんですね!
まつさん 最近みんな忍びの姿でうっているみたいっすよ〜。○流1では○策さんと数回会いました^^
まつさんもきてくださいね〜〜〜(人が数人集まっているところがあやしいです^^)
| gon | 2006/08/10 9:15 PM |
城崎にて
 志賀直哉の同地の短編を読んで なんとなく 訪れたものでした。 橋のたもとから見た温泉街・・・目に浮かびます^^
| 龍子 | 2006/12/06 11:36 PM |
コメント、ありがとう。
「城崎にて」は読んだ。だから、立寄った。
動機は、一緒ですね(^o^)
| 臥牛蝦夷 | 2006/12/07 9:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gagyu-ezo.jugem.jp/trackback/122
トラックバック