<< 2 『旅』と『旅行』 | main | 4 360Km/h >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『旅』と『旅行』 その2
『旅』と『旅行』の違いについて、私の思いを書いてみたいと思っている。

前回は、言葉の違いを調べてみた。
さて、ここからは、私の勝手な思いこみを書きつづることになるのだけれど。、家を離れて他の土地へ行くこと』だけなら、通勤も出張も、「旅」や「旅行」なのだろうが、単なる空間移動は、これらの範疇に含まれないだろう。以前にも書いたように、非日常との出会いが「旅」や「旅行」の最低条件かと思う。
問題はここからなのだが、とりあえず、思いつくままに「旅」と「旅行」の違いを区分できるかもしれない私のイメージを列記してみよう。
 嵶后廚蓮⇔更垈饉劼離僖奪旅行ではいけない。時間に追われることなく、自由気ままなものである。
◆嵶更圈廚蓮冠が付く。修学旅行、新婚旅行、観光旅行
「旅」は訓読み、「旅行」は音読み

さて、だからどうなのさという感じだが、それでもやっぱり、私の心の中では「旅」と「旅行」は違うものである。
上手く伝わるか怪しいのだけど、
「旅」とは、単なる移動した結果ではなく、精神的に喜びを与えてくれるもの=大いなる満足感を与え、さらに己の生き方に何かしらの影響を与えるものではないだろうか。
よその土地を訪ねるきっかけは何でも良いかと思う。仕事で出かけた出張先でも良い。業務が終わって一息ついた時、ふと見回した周りの景色に心が満足すれば、その瞬間、旅をしていると思う。もちろん、その時は、「旅」をしている実感など無くても良い。記憶の中で、その時のイメージが鮮やかに蘇り、その時の経験がいつかどこかで自分の糧になっていると感じることが出来れば、それは「旅」だったのだと感じることが出来るのだ。

その意味で、この日記は、「旅」の記録でもある。
出かけたときは、もちろん『旅』をしようという高邁な意識があったわけではない。しかし、今の自分を見つめ直してみると、このときの経験に裏打ちされた人生があるのも間違いのない事実である。このへんのことは、いずれ書く機会もあるだろう。

なにはともあれ、「旅」には思い入れがあるのだ(^o^)。
| 臥牛蝦夷日記 | 06:52 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:52 | - | - |
コメント
さすがまつさん(‥;)
こういう出だし出来ましたか(^_^;)
なんかますます格調高くなってきたけど、あまり高くしすぎるとあとが大変そう(^○^;)
それよりたくさん書いてくれ〜〜〜〜〜
っと、とりあえず自分のことは棚に上げて催促でした(^◇^;)
| b2002yt | 2007/07/10 12:27 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gagyu-ezo.jugem.jp/trackback/151
トラックバック