<< 『旅』と『旅行』 その2 | main | プロローグ 1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
4 360Km/h
 私の「旅」で新幹線は東京−博多の時代である。「ひかりは西へ」がキャッチフレーズだったかな?
 試験走行では、新型車両が360Km/hを記録したとか。もっとも、騒音(パンタグラフと電線によるものが大きいらしい。。。)と振動(高架橋の強度の問題なのかな?)がクリア出来ないようで、新青森開業時(2010予定)の営業運転はMAX300km/hになるらしい。
 東北新幹線の開業時、その揺れのなさ(窓際にタバコを立てても倒れない。)が売りになっていて、この時210Km/h。上野開業時にはMAXの240Km/hにあがったが、それでもタバコは倒れなかった。ただし、上野から乗車して大宮までは何となくゆったり走行していたのが、大宮発車後に加速度を実感する。滑走路を疾走し、今にも飛び立つ飛行機に乗っているのかと錯覚するほどの加速度だった。
 もともと加速度に弱い(ジェットコースターなども苦手中の苦手)のだが、その時感じた実感としては、「なにもこんなに早く走らなくても。。。」であった。個人的には、「速度を求めるなら、なにも鉄道じゃなくてもいいじゃん!」である。みんなが、速度に、到達時間に利用価値を見いだすからこうなるので、しょうがないことでもあるのだけど、なんか、鉄道の旅には違う価値があってもいいのではと思ってもしまう。
 さて、300km/hの営業運転である。乗る勇気があるかなぁ〜私に。
【蛇足】
 ヨーロッパのTGVや中国では300km/hの営業運転らしいが、あっちは広軌、こっちは標準軌−勝負にならんでしょ。どうも、JRは競いたいと思ってる節があるが。。。
 いままで大事故がなかったとはいえ、新幹線神話は永遠であって欲しいし、事故などないに越したことはないのだけど、高速にするために車両の軽量化を図ってるようでもあるし、まさかの時には、車両内の人命の補償は出来かねますじゃ、困るんだけどな。
 そろそろ、鉄道もシートベルト必須の時代かねぇ〜。こうなると、「鉄道の旅」にも悠長な雰囲気はなくなり、移動手段のみとなり、悠長は船だけになるかも。。。
| - | 22:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - |
コメント
基本的に平坦なところにレールを敷き続けられるヨーロッパと、この狭苦しくもしわくちゃな日本では、もう鉄道建設の難易度において根本的に違いがありますね(^_^;)
それと、日本は国土の果てに来れば海、そこでレールは行き止まり、そこから先も隣の国の陸地が続いている向こうとでは、スケールそのものも大きく違います。
日本では鉄道のスピード化と同時に国土の矮小化も進んだようなもので、寝台列車の廃止路線が増えていることを見ても、すでに列車で旅を楽しむ、味わうなどという時代は過ぎ去ってしまったようです。
向こうは速い列車を作っても、それでもそれを1日では行けない長距離路線がいくらでもあるので、そういう国と国を結ぶような線にはまだまだ寝台がたくさん走ってます。
昔ユーレイルパス(今でもあるのかな)などというものを無くなったら日本から送ってもらって、ほんとあっちこっち旅しました。
国土に対する国民の少なさもあるし、必要以上になんでもネオンを光らせておく節操の無い日本と違い、町と町のあいだともなればほんとに人口の灯り一つ無いのが普通で、特に北欧を寝台で旅した時に列車の窓から見た星の大きさは忘れられません。
昼間の普通列車に乗れば、観光客などせいぜい貧乏旅行のバックパッカーくらい。
たいてい周りは観光客ではなく地元の人々。
スペインではバスクの女の子にバスクは独立すべきかどうか話しかけられたり、モロッコではちょうど陸上の何かの国際大会の中長距離でモロッコ選手がチャンピオンになったところで、列車中号外を持った人を囲んで大騒ぎの中、この選手を知っているかと聞かれたのに勿論って答えたらその客車中の人に大喜びされたり、北欧の列車の規格が私には大きすぎて(向こうの人大きいですから)、座席に座って両肘を肘掛けにかけたらかえって疲れるようなでかい席に一人で座って、時々木がぽつぽつ生えているだけの湿原をただ眺めているだけの旅があったり、本当にそういう旅情と呼べるものにどっぷりたっぷり浸りこめるような旅は、もう日本ではおっしゃる通り船旅だけなのかもしれませんね(^_^;)
| b2002yt | 2007/07/30 10:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gagyu-ezo.jugem.jp/trackback/152
トラックバック