CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 修学旅行 1 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
修学旅行 2
 翌日は、奈良、明日香を見学し、吉野へ。東大寺(=奈良公園)、唐招提寺、薬師寺を巡る。薬師寺は前年から始まった金堂の改修作業中で、有名な薬師如来、脇侍にある日光菩薩(にっこうぼさつ)と月光菩薩(がっこうぼさつ)の3体は別棟に納められていた。 吉野は、神話期、壬申の乱、南北朝時代の著名な舞台ともなっている山深いところ。宿泊先は著名なところだったらしいが、歴史にも造形美にも深い知識のない高校生にはさしたる感慨もなく、一夜を過ごす。
 ('71〜'75金堂再建、'81西塔再建、中尊は薬師如来、脇侍に日光菩薩(にっこうぼさつ)と月光菩薩(がっこうぼさつ))
 
 第4日目、吉野から宇治平等院鳳凰堂を経て、比叡山延暦寺−山ばかりいってる感じもする−大津泊。宿泊先は、比叡山の麓で、琵琶湖が眺められるロケーションの宿であったが、「雄琴の灯りだ!」と興奮気味に指さすクラスメートの声に、発言の意味も分からずぼんやりと繁華街らしき灯りを眺めている私がいた。

 第5日目、彦根城を見学後、米原から新幹線で東京に。新幹線から富士の霊峰を眺められるのではないかと期待していたが、さっぱり見えない。周りに聞くと、さっきから見えてるとのこと。海側に座っていたせいもあったが、窓から天空を見上げるようにしないと富士の姿が現れなかった。想像を超える大きさに驚嘆する。夕刻、東京駅着。山手線で上野着。寝台列車に乗り込んで、帰路につく。行き客車寝台であったが、帰路は電車寝台。大きな違いは、通路が横にあるか中央にあるかだ。行きの時は混在していたが、帰りの時は不文律も出来上がり、自分の場所は決まっていたものの、夜更かし組と就寝組で車両が自然と分かれた。夜更かしをする者がたむろする車両は蒸し暑さが充満しているが、早々に眠りにつく者たちの車両は、冷え冷えとし、静まりかえった車内にはレールの規則的なリズムだけが響いていた。
 第6日目の朝を迎えて、連絡船で帰道。津軽海峡は荒れていた。
| 臥牛蝦夷日記 | 21:25 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:25 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/02/04 11:05 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/02/15 12:00 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/03/10 4:51 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/07/12 5:17 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/09/30 6:34 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/01/12 5:36 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/06/04 7:45 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/27 1:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gagyu-ezo.jugem.jp/trackback/156
トラックバック