CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 京都_12 京に春の雪−大原・三千院 その1 | main | 京都_13 寂光院  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
京都_13 京に春の雪−大原・三千院 その2
京都_13 京に春の雪−大原・三千院 その2
 今朝、宿泊先の従業員の方から、「冬の三千院は、素敵ですよ。この冷え込みなら、期待できますね。」と言われていた。
 こうした、先入観念を与えられていたこともあるが、薄っすらと雪のかぶる庭の姿は、自然に左右される滅多に見られない光景であるだけに、絶妙のタイミングでこの場所を訪ねられたことに、とてつもなく得した気分になった。確かに、心に訴えかけてくるような眺めである。
 ゆっくりと庭の美しさに浸りたい気分ではあるが、残念ながら、観光客や修学旅行生など、大勢の団体客がいて、騒々しい。
「フィルムが巻き戻せない。」と友人に訴えかけている修学旅行の女子高生に、正しいフィルムの巻き戻し方を教えてから、騒々しくも美しい三千院を出る。
 当時はデジカメや撮りっきりカメラなどないので、メカニックなフィルムカメラでした。フィルムの巻き戻しには、カメラの底部にある『巻き戻しボタン』を押さないとダメだったんですが、彼女たちは、知らなかったようです。
 巻き戻しまでは、やってあげましたが、新しいフィルムは、ちゃんとセッティングできたのかしらね・・・。
| 臥牛蝦夷日記 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:14 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gagyu-ezo.jugem.jp/trackback/18
トラックバック
童地蔵のほほえみ
三千院のもうひとつの庭が有清園です。 苔庭と言っても過言ではないほど苔むす庭には 童地蔵がまるで微笑んでいるようです。
| 京・壺螺暮 | 2005/09/14 9:27 PM |
三千院の秋海棠
大原 三千院の聚碧園では 秋の訪れを告げる秋海棠が淡いピンク色の花を付けています。
| 京・壺螺暮 | 2005/09/13 9:31 PM |