<< 春は甲子園 | main | 『夜明け前』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
大阪のお好み焼きは「ロース」入り
 3月30日(火) 雨
 予報どおりの雨。しかも、国鉄は全日、私鉄も半日のストで身動きができない。(もちろん、バスも止まってる。)雨降りでもなければ、午後からでも神戸・北野あたりを歩こうなどと思っていたのだが、この天気じゃその気力も萎えて、午後から大阪まで足をのばす。垂水からは400円もかかった・・・。
 どこに行くというあてがあるわけでもなく、天気もよくないし、梅田のデパートなどをぶらぶらしているうちに、6時近くになったので、晩飯をここで食べることにした。大阪といえば、「お好み焼き」である。梅田のとあるお好み焼きやさんののれんをくぐる。
 お好み焼き−ロース入り・・・1000円
 カウンターの前で、ジュージュー焼いてくれたのだが、ロースはたれ(?)の中にまぶしてあるのではなく、1枚ものをしっかりと焼いて、お好み焼き本体と後から合体させる。・・・うまかった。
 雨は、お好み焼きやさんに向かう頃から、あがっていた。

| 臥牛蝦夷日記 | 20:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:31 | - | - |
コメント
大阪のお好み焼きはしっかり密度が高いといった感じが特徴ですね〜
東京のもんじゃや広島風のお好み焼きより腹ごたえがするような感じとでもいいましょうか(^^ゞ
腹一杯になりたいならそばを間に挟んで焼き上げたモダン焼きや、ビールのあてなら分厚い豚ロース?を焼いてお好み焼きの生地と卵でくるんで焼き上げた豚平焼きあたりがお勧めです(^u^)
| b2002yt | 2005/11/09 1:42 PM |
 このブログの読者は、食べ物に反応する確率が高いようだが・・・、『柿の葉寿司』は、見落としたのかな?
| 臥牛蝦夷 | 2005/11/12 10:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gagyu-ezo.jugem.jp/trackback/59
トラックバック