CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 大阪のお好み焼きは「ロース」入り | main | 木曽路_01 馬籠 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夜明け前』
  島崎藤村著 新潮社文庫
 いわゆる大作の歴史小説としては初めてトライした作品である。幕末から明治新政府が樹立され、時代の行く末、方向性が定まった時期までを中山道の宿場町・馬籠を舞台として描いた作品である。「木曽路はすべて山の中である・・・。」の出だしで始まるこの物語は、庄屋の仕事をこなしながら、国学平田派の門人であった青山半蔵が主人公である。
 山間の村とはいえ、当時の主要交通路の宿場町であった馬籠に起こる出来事は、日本が大きく変わろうとする時代背景と無縁ではなかった。ましてや国学の門人である半蔵には大きな時代の変化に期待するものがあった・・・。
 歴史を学校で学ぶとき、国単位の出来事、登場人物しか扱わない。全体の大きな流れを知識として知ることはできても、人々の暮らしにどう関わったのかは、授業の外にある。国家の行く末を案じるなければならないような、そうしたポジションに自分の身を置くことはないと思っていたので、必然的に歴史上の出来事を流れとしてつかむのではなく、単なる知識としてとらえていた。
 この作品を読んだことで、国家の大きな動きが市井の暮らしに無関係でないことを知った。俄然、単なる知識としての歴史であったものが、興味の対象として面白く見れるようになった。例えば、尊皇攘夷のうち尊皇の結果として倒幕は達成され、攘夷は結局捨て去られた。。尊皇攘夷と富国強兵は歴史用語として単独・分離して覚えていたが、倒幕をなした集団の一連の起点と終点の標語でもある。何故、攘夷は捨て去られたのか、そんなことを疑問に感じ出すと、歴史を知ることが面白くなる。
 小説で読む歴史は、面白いものだ。また、面白い小説は、歴史を学ぶことを面白くさせてくれる。
| 異次元への旅 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:36 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gagyu-ezo.jugem.jp/trackback/60
トラックバック