CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< 松本 | main | 東京の出来事、そして旅の終わり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
松本_02
 今夜の宿は、浅間温泉の入り口にあるYH。旅も終わりに近づいてきたのだが、今夜の宿では、やたらと仲良しになる人たちが多い。夜のミーティングを終えても、しばらく話し込んでいたりした。金沢の女子高生5人組、東京の高卒男子3人、広島からの若者、このたびでたくさんの人たちと巡り会ってきたが、ここまで盛り上がった夜はなかった。

 一夜が明けて、昨夜知り合った方々共々、民芸館に向かう。
 何故、松本の地でここを訪ねることになったのか、その理由は定かではない。残っている記憶の中には、柳田国男の名が浮かぶのだが、確か高校時代に、随筆が国語の教科書にあったような記憶もあり、それと「民芸」が単に結びついているだけなのかもしれない。どうもはっきりしない。
 今、「松本民芸館」のHPを開いても、柳田国男の名が出てこないので、たぶん断片的な記憶同士が勝手に結びついているだけなのだろう。
■民芸館庭の石仏
 柳生街道以後、こうしたものに心惹かれるようになった。
  
 昼食後、急行アルプス4号乗車し、定刻18:11、新宿着。当初は、河口湖にも立ち寄る予定であったが、天候が芳しくなく、東京まで直行。
| 臥牛蝦夷日記 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gagyu-ezo.jugem.jp/trackback/71
トラックバック